鑑定ブログ - 2007年9月

安心と信頼

HOME > 鑑定ブログ > 2007年9月

☆飾筥(かざりばこ)☆

2007年09月29日 美術品の話

当質屋では美術品も取り扱いしております。

中には大変難しいものもありますが、とても良い物のお取引をさせていただきました

岐阜ではなかなか見れないものだと思いますよ

美術品は、基本的に定価と言う物が無く、売値、買値もその売る人買う人によって値段はかなり変わってきます。

よって、なかなか相場という物が難しいのです。

このお取引させていただいたものは藤田喬平作の源氏物語という手吹きガラスの飾筥(かざりばこ)です。

この作家は美術館が宮城県にあるほどの作家です。

コレクションに いくつかのシリーズがあり、海外での評価がとても大きかったようです。

彼の言った言葉で、大変素晴らしい言葉を見つけました。

海外での展覧会で「飾筥は何に使うのか?」という質問に

『夢を入れます!』と答え大喝采を受けたことから「飾筥」は

海外で『ドリームボックス』と呼ばれています。

夢があってすごく良い言葉ですね

当店でお取り扱いした物もすごく綺麗な物です。
地が紫で金箔が入っていて見てるだけで癒されます。


七角形で蓋を開ける時もすごく重みがあります。


桐箱には作品名が。


外箱のダンボールにも作家名と作品名が。


この様な美術品も値段をお調べ出来る物は取り扱いいたしますので

まずはご相談下さい。

◆申し訳ありませんが、鑑定書の無い物や、作家のわからない軸や焼き物はお取り扱い出来ない物もありますのでご了承下さい。


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆いつも強化買取っ!!☆

2007年09月27日 金(きん)の話

ここ2,3日でずいぶんと秋の匂いがしてきましたね

やっと涼しくなったというか、も終わりか・・・(個人的に夏が好きなので)という感じです。



今日は買取のお客様がたくさんいらっしゃって

頑張って査定をさせて頂いた甲斐あって

来て頂いたお客様の全員からお取引させていただきました

お客様の納得のいく値段を出せてこちらも嬉しい限りです!!


今日はルイ・ヴィトンを中心に色んな物が来ました。


プラダのブーツ(季節モノなので冬の前に売った方がいいのでは・・・?)

デジカメ(キャノン IXY の新作)

ルイ・ヴィトン(モノグラム、ダミエ、モノグラム・ミニ)

エルメス エールバッグ(流行ったのは5、6年前です・・・)

FENDIのバッグ(今はあまり人気ありません・・・)




今品薄のルイ・ヴィトン ネヴァーフル

ダミエのバッグ

3点とも未使用品のため高額査定出来ました!!


もちろんこの他にも貴金属、アクセサリー等のお取引もありましたよ。


そんな今日のお取引の中で不可解な会話がお客様とありました。

18金製のバングルを買取させていただいたのですが、当店にいらっしゃる前に商品の査定を他店(どこか知りませんが)にお願いしたところ、「買取不可」の返事が出たとの事・・・?

なぜ?っとお客様とお話をさせて頂いたところ、「K18」という18金を表す刻印が無いと言われたそうです。

でも、この商品にはちゃんと「750」の刻印が押されています。

通常日本で製造されたものは「K18」という刻印が打たれてますが、海外で製造された(特にヨーロッパ)物には「750」と刻印されています。

日本製であろう 「K18」 の刻印


ヨーロッパ製(多分イタリア製)であろう 「750」 の刻印
隣はメーカー刻印だと思います。

◆画像が見づらかったらスイマセン・・・

750とは75%金が使ってあるという意味です。

750/1000→1000が純金です。

日本では純金の事を「24金」と呼びます。

24×75%=18 なので 「18金」 となります。

この説明をお客様にしたところ、納得していただきました。

お客様は「買取不可」という返事でかなり不安そうだったので、これで解決できて良かったです。

「750」という刻印は立派に18金で出来ているという事を示していますから!!


K18 と 750 で日本製かどうか?だいたい判断できますので、一度お持ちの物を見てみて下さい。


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。


詳しく見る

☆困ったもんです・・・☆

2007年09月26日 ブランドの話

ブランド物のニセモノ販売の摘発のニュースは絶えませんね・・・

岐阜でも大掛かりのものがあったみたいです。

このように悪い事をして稼ぐ人達が絶えないという事は、これらのニセモノを買う人がいるからって事ですよね・・・?

「1~2万円ほどで10万円以上する物が買える」

という考えは全くもって間違っていますよ。

1週間使って壊れたらどうするんですか?

修理不可です。

持って歩いてたら

周りの人から「なんかあのバッグ違う?」と思われちゃいますよ


「安いから」って言うのも、原価数千円の物を1~2万円で売ってるんですよ。

商品の価値なんかありません。

違法で販売をしている物を買っているのだから・・・

違法行為の手助けですよ。

ましてや質屋に持ち込んだら

「お取り扱いしておりません・・・」の一言ですよ。


いただき物で、本物かどうかわからない時は気軽に聞きに来ていただいて結構ですが・・・


こういった犯罪、偽ブランド品を撲滅するためにも皆さん

コピー品は買わないで下さいね。

海外旅行に行って面白半分で買っても、帰国審査で引っかかる事もありますよ。

是非、ご協力お願いいたします。



岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆質屋の今と昔☆

2007年09月25日 渡辺質店

質屋も時代の流れと共にスタイルが変わってきています。

昔の硬い、怖いイメージから脱却せねば!!と思っていますが

昔からの良い文化は無くすことなく受け継いでいかなければ・・・とも思う時が多々あります。

例えば、質預り の期限は通常3ヶ月です。

質預りをした日から3ヶ月経過して、受出し、延長が無ければいわゆる質流れとなり商品は処分の対象となってしまいます。

お客様の中には「うっかり」「すっかり」と流質期限を忘れてしまっている方が時々いらっしゃいます。

そういったお客様の為に

当店は3ヶ月過ぎてからも少し処分までお待ちする事にしております。


これは父親からの言葉で、

「昔はよく、長い間待っていたぞ。お客様の都合にも合わせなきゃいけない時もあるからな!」と。


ここで、父親の話が出てきたので・・・

父親は昔から下駄が好きでいまだにちょこっとの外出は下駄を愛用しています。

なかなか街を歩いていて下駄を鳴らしている人はいないですよねー。


店先にちょこっと外出用においてありますので、今度見てみてください。


私も時々履きますが、なんかタイムスリップしたような感じがします(笑)


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆車社会☆

2007年09月22日 渡辺質店

岐阜という町は思いっきり「車社会」です。

一家に一台・・・と言われていた自動車も、岐阜では「一人一台」と言われます。

車社会でお店をやっていくには、お客様用の駐車場がとても大切です。


都会では「質屋」で駐車場があるお店は少ないです。

例えば、私の居た東京の都心の質屋さんは駐車場は必要ありません。

すぐ近くに電車、地下鉄の駅があり車で来店されるお客様がほとんどいないからです。

質屋に限らず、食事に行く、本屋に行く、買い物に行くのに電車、地下鉄の方が便利だからです。

都心では駐車場を借りるのも高いですからね・・・

私は運良く、勤め先の部屋に住まわせていただいていたので、東京では考えられない家賃で生活させていただいていました。

笑い話ですが、だからそこの駐車場の月額が自分の部屋より高かったのです・・・

人間より、車の方が高い・・・(笑)


岐阜ではそんな事ないと思いますが。

岐阜の街中には電車、地下鉄(はありませんが)が便良く走っていないので、車社会になっています。

地方都市の宿命なのか・・・

何のお店をやるにしても駐車場完備でないとやっていけないと良く聞きます。

当店「渡辺質店」には大きくは無いですが、駐車場完備になっていますので紹介させていただきます。

メインの駐車場です。
店の道を挟んですぐ隣です。
3台駐車可能。


店頭にも狭いですが1台停めれます。


臨時?お店の裏にも、メインが一杯の時は停めれます。


ついでに、入り口のHPには無い違うアングルからの写真です。


当店にお越しになるお客様の多くは車で来られます。

渡辺質店は狭い道の中にありますが、駐車場完備なので安心して車でお越し下さい。


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー