鑑定ブログ

安心と信頼

HOME > 鑑定ブログ

☆まだまだ金の相場は高いです☆

2017年07月26日 渡辺質店 金(きん)の話

よくお客様に

 

「まだ金って上がってます?」

 

と聞かれます。

 

毎日何十円の変動はありますが、今も高潮をキープしていますsign03

 

ここ数年は高相場で安定しています。

 

比べるなら7,8年前ですかね?

 

上がっている、上がっていると騒がれていましたが

 

今となっては、今現在の方がその頃より上がっているのです。

 

20年ほど前に太い喜平のネックレスを買われた方なんかは、

 

今売るとプラスになりますup

 

金.jpg

 

まだまだ、金(プラチナも)高価買取中ですよsign03

 

2017-07-26_144221.jpg

 

 

ロゴ3.png☆岐阜 質屋 「渡辺質店」 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆ルイ・ヴィトン高価買取☆

2017年07月12日 ブランドの話 渡辺質店

最近、買取りさせて頂きましたルイ・ヴィトンの数々ですgood

 

国内定価が数年前より上がっている影響で、中古買取り価格も便乗して

 

上がっておりますhappy02

 

思ったより高い値段で売れたりするかもしれませんので

 

ダメ元で一度「渡辺質店」の高額査定に期待をしてみては?up

 

IMG_9533.JPG

 

IMG_9534.JPG

 

IMG_9535.JPG

 

暑さに負けず、頑張って高額査定しておりますsweat01

 

14.jpg

 

ロゴ3.png☆岐阜 質屋 「渡辺質店」 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆4巻が発売されました!!☆

2017年05月01日 お客様の話

七つ屋 志のぶの宝石匣

 

第4巻が発売されました!!

 

http://kisscomic.com/kc/nanatsuya/index.html

 

FullSizeRender.jpg

 

早速楽しく読ませて頂きましたhappy01

 

 

話しは変わり、今日クチコミでご来店いただいた質預りのお取引をさせて頂いた

 

新規のお客様からお聞きしたお話です。

 

遠方からご来店頂き、ご希望通りの金額を出す事が出来ました。

お客様からも「来てよかった~」と喜んで頂きましたが


その後「しまったな~・・・・」っとsweat01

1ctのペアシェープカットのダイヤモンドらしいですが、グレードもあまり良くないとの事

 

しかし、ある所で売ってしまったそうですが「3万円」だったそうです。

 

グレードがあまり良くなくても、ペアシェープカットでも1ctあって、3万円はちょっと安過ぎるような気がしますsign02

 

枠のプラチナの価値だけでも1ctの石が入っている様な枠なら

それだけでも15,000円~20,000円位の査定が出来そうです。

それを売った時にお店側に「どこに売っても一緒ですよ。」と言われたらしいです・・・

大きな間違いです!!

査定額はお店によって全然違いますよdash

 

そのお店は「他にもっと高く買ってくれる所が無いか?」と思われないように言ってるんです。

騙されないようにご注意を!!

 

一度「渡辺質店」の高額査定に期待してみて下さい!!

他店に負けないように頑張りますsign03

 

ロゴ3.png☆岐阜 質屋 「渡辺質店」 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆ムムム・・・??☆

2017年04月21日 お客様の話 プラチナの話 金(きん)の話

18金の指輪の買取させて頂いたお客様のお話です。

 

以前ご来店いただいているリピーターのお客様です。

 

指輪を1点買取りさせて頂きました。

 

その時・・・

 

「今日の1グラムの買取価格と、何グラムあるか教えてください。」

 

ムムム・・・ごく普通の質問ですが、当店のお客様ではそこまで詳しく聞かれるお客様は

 

あまりいらっしゃらないので、ひょっとして・・・と思いましたが・・・

 

ひょっとして?というのは・・・sign02

 

他店で、グラムをごまかされた?coldsweats02

 

1グラムの買取価格が安かった?coldsweats02

 

そこまでおうかがいできませんでしたが、当店はしっかり測って、しっかり計算しておりますので

 

ご心配なくgood

 

そして、手数料、鑑定料も無し!!

 

計算して算出された金額をそのままお渡ししておりますheart04

 

まだまだ地金の相場は高潮キープ

 

渡辺質店の高額査定に期待してみて下さいup

 

ロゴ3.png☆岐阜 質屋 「渡辺質店」 渡辺圭一でした。

詳しく見る

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー