鑑定ブログ - 宝石の話

安心と信頼

HOME > 鑑定ブログ > 宝石の話

☆サッカー日本代表!!いよいよタイ戦☆

2008年02月06日 プラチナの話 宝石の話 毛皮の話 金(きん)の話

いよいよ約1時間後に2010年南アフリカ サッカーワールドカップに向けて日本代表の試合が行われますね。

前回の親善試合では3:0と快勝していましたので、今日も期待できるはずですよね!!


本日も色んな物をお取引させていただきました。

ありがとうございました。

その中でも毛皮のお取り扱いがありました。

前にもブログで書かせていただいたかもしれませんが、毛皮のブームはかれこれ15~20年前がピークで(まさにバブル時代です)今では寒い冬に外を見ても、毛皮を着ている人を全くといって良いほど見なくなりました。

今は、ダウンジャケットをはじめ軽くて暖かいコートがたくさんあるので、使い勝手を考えても毛皮は好まれていません・・・

一部のセレブの方々はパーティーなどに来ていくのでしょうか?
(そういったセレブの方々は中古は買いませんし・・・)

そのような状況なので、買う時は高い事は十分にわかりますが査定をするのはなかなか難しいのが現状です。

今日お取り扱いさせていただいたのは
シェアードミンク(ミンクの刈毛) ハーフコート
毛皮の中でもやはり、ロングコートが一番高価です。


そのほかに、やはり金・プラチナ高価買取中のため地金の買取がたくさん有りました


重さがあるとすぐに買取価格が何十万円となりますので、驚きです。

その他、プラチナ製ダイヤプチネックレス


ダイヤモンドはグレードによって全然値段が違いますので鑑定書があれば、一緒にお持ち下さい。
(紛失されている場合でも、しっかりダイヤモンドは見せていただきますのでご安心を)

引き続き 金・プラチナ高価買取しておりますので、一度今のうちにご相談下さい。

日本代表!!今日も快勝で弾みをつけろー!!


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。


詳しく見る

☆ダイヤモンドの形☆

2008年01月09日 宝石の話

新年になり、あっと言う間に明日で10日です。

お正月気分はもうすでにどこかに行ってしまいましたー。

でも、新年会がの予定が3つも入っていますが・・・


今日はちょうどダイヤモンドをお持ちになったお客様がいらっしゃったので

ダイヤモンドの形のお話をさせていただきます。

一般的に一番良く目にするのは真ん丸のダイヤモンド(正面から見て)。

これをラウンドブリリアントカットと言います。

ダイヤモンドによっては、真ん丸に研磨されず、ファッション性を持たせるカットが
いくつかあります。

例えば・・・

ペアシェープカット
涙の形をしています。


オーバルカット
楕円形です。


ハートシェープカット
ハートの形をしています。


これはあまり見たことがありません。
付属されていた鑑定書には 「 Lily cut 」 (リリーカット)とありました。
クローバーの形をしています。


この様に他にも色々な形に研磨されたダイアモンドが存在します。

一般的にこれらが販売される時に「普通の丸じゃないから珍しい」という考え方もあるかも知れませんが、基本的には価値的な目で見ると「ラウンドブリリアントカット」(普通の丸)が一番価値があるのです

ラウンドブリリアントカットは、吸収した光をできるだけ多く反射させて外に返す、と計算されて開発されたカットであり、変わった形をしている物は光の反射に欠けるのです・・・

原石から研磨する時に、大きな内包物(中にあるキズ)を避ける為に(キズの部分を削り落とす)どうしても通常の形でダイアモンドを残せない場合に、違う形への研磨になってしまうのです。


もちろん、デザインが気に入って購入されるのは一向に構いません。

損した!!なんて思わないで下さいね

実際に私も、クローバー型のダイヤはあまり見ないしカワイイと思います。

手放す時は、一番価値があるのがラウンドブリリアントカットという事ですので参考までに・・・

デザインがかわいい物(全体的にも)には、デザイン料もプラスして査定するようにしていますのでカワイイ物はカワイイ物ですので、ご安心を・・・


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆ダイヤモンド☆

2007年11月15日 宝石の話

またまた、世界的なオークションにてダイヤモンドのすごい価格が出ていました!!


84.37カラット グレードも最上級品

なんと・・・18億円!!

みなさん、18億円あったら何します?

私なら「うーん・・・あれも欲しい、これも欲しい・・・」
(あれもこれも、身近な物ばかりです)

今、欲しいのは新しいDVDレコーダーですね

18億円あったら、何台買えるの?  計算したくない・・・

これは買わないですよね・・・?

スイマセン、こんなすごいオークション価格のネタで庶民的な意見を出してしまい


今日は午前中から新規のお客様が何人も来店してくださいました。

ありがとうございます。

今日、お取引させていただいた商品の一部を紹介します。

ブルガリのメンズ時計
ブルガリブルガリ オートマチック
ステンレスとK18イエローゴールドのコンビです。
箱、保証書、外したベルトのコマも一緒にお持ちいただいたので査定も目一杯出来ました。


ROLEX エアキング 14010M
箱が無かったのですが、ロレックスも中古相場が上がっているので納得の査定が出来ました。


ROLEX 179171 レディース
ニューモデルのステンレスとK18ピンクゴールドのコンビ
箱、保証書、外したコマすべて付いてます。
2006年のモデルの美品!!


ピンクゴールドがまた可愛いですね。


K18のネックレスとブレスレット
現在、相場が上がっています!!
お持ちの方は是非お早めに当質屋、渡辺質店へ!



今日、新規で買取のお取引をさせて頂いたお客様ですが、話し方がすごくやわらかく丁寧でびっくりしました。

どちらがお客?かわからなくなる位で・・・帰られてから「すごく気持ち良くさせられる話し方だなー」としみじみ思ってしまいました。

私も、各お客様にそう思って頂きたいので一つ勉強になりました

お取引させて頂いて、尚且つ「話し方のお手本」まで・・・感謝したいお客様でした。

まだまだ私も修行が足りません・・・

人との会話は接客に限らず大切ですからね。



岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆宝石の種類☆

2007年09月05日 宝石の話

以前にもブログで書かせてもらいましたが、宝石にはとんでもない数の種類があります

同じ宝石でも色が違っていたり・・・などなど。

質屋には色々な種類が持ち込まれますが、普段どの様な物を取り扱いしているのか?当店の取り扱いした、物の中から代表的な物を簡単に紹介させていただきます。



ルビー 「ピジョンブラッド」という鳩の血の色と呼ばれる色が高価な物です。


サファイヤ 


エメラルド 大きくて内包物の少ない石は数が少ないので高価な物となります。


ピンクサファイヤ ピンク色のサファイヤです。他にもイエロー、ホワイト(透明)など色々な色のサファイヤが存在します。


タンザナイト サファイヤに似ていますが、タンザナイトの方が少し薄い(紫かかった?)色をしています。


スターサファイヤ、表面を丸く研磨してあり光が当たると星型の模様に反射します。


ダイヤモンド 合計3カラット以上を使いゴージャスなファッションリングになっています。


ひすい 飴のようなトロっとした様な感じの物が高価な物になります。
(表現が難しくてスイマセン・・・)


ラベンダーヒスイ ランベンダー色のヒスイです。


オパール 赤い腑が綺麗にたくさん出るものが高価な物になります。


サンゴ 血赤サンゴと呼ばれるこれも血の様な赤い物が高価な物になります。


パール 大きさと真珠層が厚く照りが良いもの、真ん丸な物が高価な物になります。


バイカラートルマリン 綺麗に2色に分かれているトルマリンです。


パライバトルマリン 特殊な色のトルマリンで大きな物は滅多に見れず高価な物になります。


アクワマリン 涼しげな水色の石です。


撮影が下手な物もありますが、ご勘弁を・・・


これらは数多く種類のある宝石の中でも一部です。

いろんな種類がありますので、お持ちの物がどれくらいの価値がある物なのか?一度お調べになってはいかがでしょうか?


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆宝石鑑定士☆

2007年08月21日 宝石の話

毎日甲子園では熱戦が繰り広げられていますが、この夏岐阜県代表の大垣日大高校は惜しくもベスト8で敗退し、春の雪辱を晴らせませんでしたね・・・

やはり岐阜県代表が頑張って上に行くと、県民も盛り上がるし夏が盛り上がるので、出来れば毎年岐阜県代表高校には上位に食い込んでもらいたいものです。


今回は宝石鑑定のお話をさせていただきます。

「宝石」は質屋では、メインと言っていいほどの品目で毎日のように目にします。

一言「宝石」と言ってもかなりの種類があり、似たような色でも実際は違う種類の物だったりします。
サファイア
タンザナイト
アクアマリン

そこで、重要となってくるのが実際にどの種類の石なのか?
を正確に判断するには大変な検査をし、大変な機械、器具を使わないと判別できません。

その様な鑑別をしている会社がいくつかあります。

しかし気を付けなければいけないのが、信頼のおける鑑別、鑑定会社とそうでない会社が存在します。

日本国内では中央宝石研究所全国宝石学協会AGT(GIA JAPAN)が信頼のおける鑑別所であり、私共質屋業界では上記の会社以外の鑑別書、鑑定書は100%信用しません。

鑑別書や鑑定書が無い場合どうしているかと言うと、自分の目が頼りになります。

私はHP上にも書いてあるように、中央宝石研究所で半年間勉強しました。

鑑定士になるには特に国家試験などはありません。自分で研究して勉強するのです。

私も一応中央宝石研究所からディプロマ(DC)を頂いているので、「渡辺宝石鑑定所」とかいう会社も出来るんですよ(笑)




当店 店頭に掲げてあります。
















宝石の名前は皆さんもよく耳にすると思いますが、実は石なので宝石の勉強と言うより「鉱物学」と言った方が正しいかもしれません。

例えば上にも画像で出ている「タンザナイト」と言う名前の宝石はティファニーの何代か前の社長が「タンザニアの夜の様に美しい石だ」と言った事から付いた名前で正確には(鉱物名は)ゾイサイト」という名前の石なんです。

サファイヤルビーコランダムという鉱物名で同じ種類の石が 青⇒サファイヤ 赤⇒ルビー なんです。

その他にもエメラルド、ヒスイ、オパール、アレキサンドライト、トパーズ、サンゴ・・・沢山種類はあります。

こういった色石に加えダイヤモンドは又集中的に講義を受けました。

ダイヤモンドCT(カラット)、カラー、クラリティー、カットの通称「4C」によって価値が全然違うのでこの4Cの見極めをルーペ1つで判断しなければいけないのが質屋です。

やはり、宝石に関しては専門的な知識が必要となっているので、見てもらうときはちゃんと勉強した人に見てもらわないと正確なお値段は出ませんので気を付けて下さい。

このような難しい事も渡辺質店ならお客様にわかりやすいように説明させて頂きますので、是非わからない事があれば気軽にご相談下さい。


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー