鑑定ブログ - 時計の話

安心と信頼

HOME > 鑑定ブログ > 時計の話

☆World Watch Fair☆

2008年09月19日 時計の話

昨日は月に1回のブランド品の研究会の会議が名古屋であり出席してきました。

ATF全国質屋ブランド品協会の名古屋ブロックの会議です。

その前にちょっと気になっていた場所に立ち寄ってきました。

三越で開催されている「World WatchFair」です。


普段めったに目に出来ない、超高級時計がズラリと並んでいました。

中にはウン千万円の物も・・・

家買えますよね・・・

上を見たらキリがありませんが、中でも個人的にカッコイーと思った1本が

ロジェ・デュブイ [ ROGER DUBUIS ]
シンパシースポーツルック

ただ・・・価格が・・・3,150,000円なりー・・・

車買えますよね・・・

結局、「これ良いなー・・・」 「これもカッコイーなー・・・」

と、勉強のつもりで見に行ったのですが、普通の時計好きの人として終わってしまいました。

でも、何かを見て魅力的に感じるという感性は非常に大切ですよね?

良い物を見せていただきました。


その後、会議に出席しみっちり3時間勉強してきました。

ブランド品のニセモノは日々進化し、それを見極める力を付けていかなければいけないので、毎日が勉強です。

会議後、居酒屋にて同業者とお話しするのも勉強になります。

そんなこんなで、昨日は充実した1日でした。




金買取 プラチナ買取 まだまだ

地域NO1最高値買取を
目指して挑戦中!!

壊れていても、ピアスの片方でも、歪んだ指輪でも、切れたチェーンでもOKです。


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一 でした。

詳しく見る

☆ROLEX  シードゥエラー ディープシー☆

2008年04月07日 時計の話

前回のブログで書かせていただいたように、只今東京新宿で開催されている「質流れバーゲン」に参加中です。

今日はいつもの「渡辺質店」に勤務中ですが、昨日東京から一時帰って来ました。

東京はいつも思うのですが、さすが人の多さにはビックリです。
(前回のバーゲンのブログ参考・・・)

いらっしゃるお客様はさまざまで、

好きなブランドの狙っているバッグを探しにいらっしゃったり

何か良いのがないかなー?といらっしゃったり

長年探している物を見つけにいらっしゃったり

開催自体知らず、たまたまデパートに来たらやっていたのでとのぞかれたり

その中でも、「安い!!」と言っていただけると嬉しいですね。

頑張って値段を考慮して「良心的な値段で販売したい!!」と思って出しているこちらにとっては。

まだ、今週水曜日まで開催していますので東京に行く予定のある方は覗いてみては・・・遠いですよね。


話は変わり、ROLEXがニューモデルをまた発表したようです。

バーゼルワールド2008にいくつか出店した模様です。

その中でも、日本でもかなり人気がでると予想されるのが

シードゥエラー ディープシー
防水12800ft=3900m こんな機能はいるのかな?
さてこれを着けて3000m以上も潜る人がいるのでしょうか・・・?


その他にも何モデルか新型が発表されたみたいなので、日本でも見れる日が楽しみです。

お客様が当店に持ってらっしゃるのはどれぐらい先になるのでしょうか?

今から楽しみに待ってます!!


金高価買取 プラチナ高価買取 まだまだ高価買取しています。

相場もまだまだ高いですよ。

是非、当店の高価買取を試してみてください。

地域 NO1高価買取 挑戦中 です!!

岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆マイナーチェンジ~その2~☆

2007年12月29日 時計の話

前回はルイ・ヴィトンのマイナーチェンジについて書かせていただきましたが

今回はROLEXです。

丁度在庫がありましたので、画像も載せれます

簡単なマイナーチェンジなのにパッと見かなりわかり辛いですよ。

現行(新型) 179171 2006年製 
ステンレスとピンクゴールドのコンビ レディース
ピンクフェイス


旧型 79173G 1999年製
ステンレスとイエローゴールドのコンビ ダイヤ入 レディース
コンピューターフェイス


この2つを見ると色や文字盤、ダイヤの有無の違いはわかっても、何が変わったのか?

かなりわかり辛いですよね・・・

実は本体ケースの大きさが微妙に違います。

現行の物は ケースの大きさが直径で約27mm   ベゼルの直径が25.3mm

旧型の物は ケースの大きさが直径で約26.2mm ベゼルの直径が25mm

となっています。(注:私が測った実寸です)

ほんの数ミリの違いですが、最初はケース自体の大きさが変わっていたんなんて気付きませんでした・・・
(お恥ずかしいです)

やはり、どのメーカーもマイナーチェンジはしていくみたいです。

ROLEXはこの他にわかりやすい部分ではバックルに変更がありました。

新型


旧型


新型の方が高級感がありますよね

もちろん査定も新型の方が上ですよ

また他のメーカーでのマイナーチェンジがありましたら、ご紹介します。


明日30日は日曜日なので渡辺質店は定休日となっていますが

31日(月曜日)は営業いたします。

仕事納めです。

新年は4日から通常営業となりますので、お間違えの無い様お願いいたします。


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆プレミア品だったら・・・☆

2007年12月26日 時計の話

本日、今大変人気のある「パネライ」の時計を買取させていただきました。

パネライはここ4,5年で人気が急上昇し現在では中古でも高額な相場を保っている上、新品を購入する時は大幅値下げは期待できません。

その中で、やはり生産終了となってプレミアが付いている物も出てきます。

今日買取させていただいたのは・・・残念ながらかすりました

PAM0001 手巻き ステンレス製 44ミリ



替えのラバーベルトも付属しています。

この時計は残念ながらプレミアは付いていません。
(それでも人気メーカーなので高価買取出来ますよ!)

このモデルと同じ品番で買取額が倍もしくはそれ以上行くものがあります。

何が違うのかと言うと・・・

文字盤の中の6が書いてある下に 「 L SWISS L 」 と小さく入っています。


撮影アングルがちょっと悪くてスイマセン

この「 L 」 が 「 T 」 だったら、買取額が倍になるんです。

なぜかと言うと、今はどの時計に関しても夜光塗料は「スーパールミノバ」と言う素材を使っています。

ルミノバの「 L 」 と表示が入っているわけです。

その前はと言うと、 「トリチウム」という素材を使っていて、

トリチウムの「 T 」という表示が入っていました。

このトリチウムという物質は人体に悪い影響を及ぼす素材と言う事で今はルミノバにどのメーカーも変更になっています。

このPAM00001という型番でトリチウム素材の夜光塗料で文字盤が作られていたのが、極端に本数が少ないようで、パネライコレクターの中でプレミアム商品となっているみたいです。

確か製造が2年間しかされていなくその2年の間でも、少ない製造の品番の方が高いみたいです。

最初にこれを見たときにドキッとしましたが「 L 」を見て、ちょっとがっかりでした。

そんなに簡単にプレミアム商品は見れませんね・・・


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

☆オメガ コーアクシャル☆

2007年11月27日 時計の話

質屋の取り扱う商品の中でオメガの時計は主流のうちに入ると思います。

渡辺質店でも、頻繁に取り扱いをさせていただいています

やはり人気が高い!!と言うのはもちろんの事、特に男性が「1本良い時計が欲しいなー」と思った時にオメガは購入候補には必ず入ってくるメーカーだと思います。

ブランドの名前が先行する今、元々時計メーカーでないブランドの時計も人気が出てきています。

オメガは元々時計メーカーなので、やはり時計らしい時計を作っていると思います

その中で、コーアクシャル機能の付いた製品がここ最近出回るようになりました。

正確には CO-AXIAL と時計には書かれています。

De Ville(デビル) CO-AXIAL





コーアクシャル機構とは・・・・

77前、イギリスの時計職人ジョージ・ダニエルズが開発した共軸脱進機で、高精度・衝撃耐久性・メンテナンスサイクルの長期化を持つ画期的な技術。
20世紀の大発明ともいわれる。
オメガは世界で初めてその量産化に成功しました。


と言う事で、要するに一般的に自動巻きの時計は4~5年に1度オーバーホールの時期が来ると言われていますが、その4,5年という間隔が広がるって事です。

燃費がいい訳ですね。

まさに今のエコ時代に持ってコイ!!という機能ですね。

海外メーカーの時計を所有すると言う事は、外車を持つのと一緒でメンテナンスにお金がかかってくると言う事です。

オーバーホールを1度するにしても4,5万円かかるメーカーもたくさんありますし・・・

外車の車検が高いというのと同じですね

しかしこのコーアクシャルはその数万円かかるオーバーホール代が何十年と使うと格段に削減できると言う事ですね!!

すばらしい

ついついデザインや、流行重視で時計を選びがちですが、こういった機能も考えて時計選びする時代になってきましたね。


岐阜の質屋 渡辺質店 渡辺圭一でした。

詳しく見る

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー